ギター練習の心得

ギターを手に入れたらいよいよ練習を始めていくわけですが、その前にギターを練習するにあたって大切になる普段の行動についてまとめました

①爪をこまめに切る

爪切りの写真

これ非常に大切です
爪が長いとギターの弦めちゃくちゃ押さえにくいです
「なかなかコードがうまく鳴らないなあ」と悩んでいる人は爪長くないですか?
もし爪が伸びているのなら爪を切って弾いてみましょう
案外それだけで解決するかもしれません

ちなみに僕は2、3日に1回爪を切っています

②毎日30秒でも良いから触る

dont_give_up!

これも非常に大切です
世界がどんどんスピードアップする世の中、忙しくてなかなか時間が取れませんよね・・

ギターに触る暇がない、その気持ち僕もよくわかります

ですが、ホントに一瞬でも良いので毎日ギターに触りましょう
コードを1つジャランと鳴らすだけでも、何かフレーズを1小節弾くのでも良いです

この積み重ねが後々大きな差になります

③必ずチューニングしてから弾く

スパナの写真

音楽に関わっていく上で大切にしたいのが音感アップです

このためには、常にきれいな音を聞いて練習することがとても大切です

ということで、「昨日チューニングしたからいいや」なんて言ってチューニングせずにギターを弾くのはやめましょう

日が変われば毎日、自宅からスタジオに移動したらその都度チューニングをしましょう
これによって確実に音感がアップします

まとめ

今回は、少し耳が痛い内容だったかと思います
(書いてる本人の耳も少し痛いです笑)

ですが、今回のことを守るかどうかが、半年後、1年後の実力に確実に影響するので、ぜひ実践しましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする