Gコードの押さえ方

今回はGコードの押さえ方を説明します。
まずは、コードダイアグラムです。

上の写真のようにGコードには2通りの押さえ方があります。
1つ目(左側)の押さえ方は、
1弦3フレット:小指
5弦2フレット:中指
6弦3フレット:薬指
です。

そして、2つ目(右側)の押さえ方は、
1弦3フレット:小指
2弦3フレット:薬指
5弦2フレット:人差し指
6弦3フレット:中指
です。

実際に押さえると↓↓の感じになります。

気づいた方もいるかもしれませんがGコードでは小指を使います。
オープンコードの中の単純なメジャーコードでは、このGコードだけが小指を使うことになります。

(オープンコード :バレーコードではないコード
メジャーコード:ざっくりいうと明るい響きのするコード)

そして、このコード、実はかなり難しいです・・
今からポイントをしっかりと説明したいと思います。

まず、そもそも上の2通りのうちどっちの押さえ方がいいのかについてですが、左側の写真のように指3本で押さえる方が圧倒的に簡単です。どちらもれっきとしたGコードですし、響きにそこまで大きな差はないので、最初は左側の写真の押さえ方で押さえることをおすすめします。

押さえ方のコツは、次の3つです。

①しっかりと指を立てる

Gコードでは、中指と薬指が寝てしまい、4弦・5弦に指が当たってしまいやすいです。指が痛いかもしれませんが、指の第一関節より先が指板に対して垂直になるようにしっかりと立てる意識を持ちましょう。

ギターコードの押さえ方参照

②薬指は6弦の5弦側でない方を押さえる

薬指で6弦のちょうど真ん中を押さえると、薬指が5弦に触れてしまって5弦が鳴らないことがあります。このため、6弦の5弦側ではなく、外側を押さえた方が良いです。

ただ、こうすると、小指で1弦を押さえるときに、薬指と小指の距離がほんのわずかに遠くなってしまうので、やや指に負担がかかります。最初の方は辛いかもしれませんが、練習していくうちに、少しずつ指が開くようになっていくので少しずつ練習していきましょう。

③先に中指と薬指で土台を作る

まず、中指と薬指から弦を押さえましょう。ギターのネックは、6弦が一番上で1弦が一番下にある状態で演奏します。絵を壁にピンで留める時も、下から留めるのではなく、上から留めた方が安定ですよね?
それと同じ要領で、上にある5、6弦から押さえた方がネックが安定します。中指と薬指を押さえた状態を土台にして、あとは小指を頑張って折り曲げて、1弦を押さえてみましょう。

いかがでしたでしょうか?

Gコードはオープンコードの中では最難関のコードです。これをクリアすれば、いよいよバレーコードに挑む時がやってきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする