ギターコードの押さえ方

ギターを弾くときに(特にアコギ)
まず最初に挑戦したいのがコード弾きです

ギターを始めたばかりの時は
なかなかコードがきれいに鳴らないのではないでしょうか?

ギターを演奏する上で、コードをきれいに鳴らすことは基本になりますので今回はコードをきれいに鳴らすコツについてお話ししたいと思います

特に今回はオープンコード(簡単にいうとバレーコードではないコード)の説明をさせていただきます

①親指の位置を意識

②フレットギリギリを押さえる

③指を立てる

①親指の位置を意識

オープンコードを弾くときに注意していただきたいのが親指の位置です

基本的にオープンコードを弾くときには
↓↓のように親指はネックから顔を出してあげます

オープンコードで親指を表に出した状態

そうすることで親指と人差し指の間でしっかりとネックを支えることができるようになります

ですので↓↓のように親指がネックから顔を出していない状態にするとネックを押さえるバランスが崩れてしまい弦を押さえにくくなってしまいます

オープンコードで親指が変な方向を向いた状態

②フレットギリギリを押さえる

これはコードを押さえるときに限らずギター演奏時の掟です
弦を押さえるときにできるだけフレットギリギリを押さえるように意識します

どうしてギリギリを押さえるのかというとその方がより弱い力で弦を押さえることができるからです

実際フレットぎりぎりを押さえるのと、フレットから離れたところを押さえるのを自分で比べてみるとわかりやすいです

やはりフレットギリギリを押さえる方が小さい力で弦を鳴らすことができます

③指を立てる

コードを押さえるときはできる限り
指が指板に対して垂直になるように立てます
(指の腹ではなく指先で弦を押さえるイメージです)

その方が指に力が入って弦を押さえやすくなりますし
また、指が寝ていると他の弦に指が当たってしまいうまく音が鳴らない原因になってしまいます

まとめ

以上の①〜③を意識して実際にコードを押さえて鳴らしてみましょう

まず全部の弦をきちんと押さえられているか弦を1本ずつ鳴らして確認してみましょう

全ての弦がきれいに鳴っていればそのまま手を振りかぶってジャラーンとコードを鳴らしてみてください
きれいなコードが響くはずです

どこかの弦が鳴らなかったときは
もう一度①〜③を見直してみましょう

そのときに指の位置や手の角度を少しずつずらしてみると音が鳴るポイントが見つかりやすいです

今回の説明は伝わりやすかったでしょうか?

オープンコードは次のバレーコードの準備にもなりますし
とにかく基本になるものですので
ぜひ楽しみながら挑戦していただければと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする