Cコードの押さえ方

今回は、Cコードの押さえ方のコツについてお話ししたいと思います。

まず、押さえ方について勉強しましょう。
恒例(?)の手書きコードダイアグラムです。

コードダイアグラムは、ギターネックを正面から見てどこを押さえたら良いか図で示したものです。横方向に右から1弦、2弦・・・6弦、縦方向に上から1フレット(1F)、2フレット(2F)・・・を表しています。

Cコードダイアグラム

Cコードの場合、
2弦1フレット:人差し指
4弦2フレット:中指
5弦3フレット:薬指
6弦ミュート:親指
です。

実際に押さえると↓↓のようになります。

Cコードを押さえた写真

ギターコードの押さえ方を参考に、指を立ててフレットギリギリを押さえましょう。

Cコードのポイントは人差し指です。
指が少しでも寝てしまうと1弦に当たってしまい、1弦の音が鳴らなくなってしまいます。ですので、特に人差し指を立てる意識を持ちましょう。

指を立てるには、手首を1弦のネック側に少し起こすようなイメージを持つと指が立ちやすくなりますよ。

今回の説明は参考になりましたか?
Cコードは、非常によく使うコードなのでぜひとも弾けるようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする