バレーコードの押さえ方

今回は、ギター初心者がギターをやめる一番の原因・・・・そう、バレーコードの押さえ方についてお話しします。
バレーコードは、人差し指で複数の弦を押さえなくてはならずギターコード最難関と言われております。
それでは僕なりのポイントをお話ししていきます。

①人差し指の親指側の側面で押さえる

②どの弦が鳴っていないのか確認する

③人差し指を少し丸める

④親指の向きを変えてみる







①人差し指の親指側の側面で押さえる

まず最初のコツは、人差し指は指の腹の真ん中で押さえるのではなく、親指側の側面で押さえることです。
と言われてもわかりにくいでしょうから、↓↓の写真で説明します。

人差し指の親指側で押さえることを説明した写真

↑↑の写真の緑色で囲った部分で弦を押さえることがポイントです。なんでかというと、バレーコードを押さえるとき、人差し指はピシッと完璧にまっすぐにすることはできず、どうしてもほんの少しだけ曲がってしまうからです。ということは、指の腹で押さえようとすると、指が曲がって指が弦から浮いてしまいますが、親指側の側面で押さえた場合は、指が曲がっても弦から浮きにくくなります。↓↓の見苦しい絵で確認してみてください。

②どの弦が鳴っていないのか確認する

これは、バレーコードに限らず大切なことです。コードを鳴らしたときにどの弦がなっていないのか確認することで、その鳴らない弦を鳴らすための対策を考えることができるからです。具体的には、コードを押さえたときに、ジャラーンと鳴らすのではなく、1弦ずつ順番に鳴らしてみます。こうすることで、鳴っていない弦がわかりやすくなります。

③人差し指を少し丸める

もう1つバレーコードが鳴らない大きな原因があります。それは、人差し指の関節部分のシワ(くぼみ)と弦の位置が重なってしまうことです。

もし現段階で、①のように人差し指の側面で弦を押さえているのに弦が鳴らない場合、この可能性が高いです。対策としては、真っ直ぐにしている人差し指を少し丸めてみましょう。人差し指を少し丸めることによって、ネック上での関節のシワの位置が微妙に変わります。丸め方を少しずつ変えてみて、シワが弦と重ならなくなるポイントを探してみましょう。

↓↓の写真では、第1関節のシワが3弦と4弦の間に、第2関節のシワが1弦と2弦の間にあって、シワと弦が重ならないようになっています。

人差し指を少し丸めてFコードを押さえた写真

④親指の向きを変えてみる

バレーコードは、人差し指で複数弦を押さえるのですが、その裏で人差し指を支えているのが親指です。
ギターの弦を押さえるのに、決して大きな力はいりませんが、効率よく弦を押さえる必要はあります。そして、親指の位置によって力の入り方が全然違います。

僕は↓↓の写真のように、人差し指と親指を平行にするのではなく、親指をネックに対して45℃くらいに傾けて押さえると力が入りやすいです(右の写真)。これには個人差があると思うので、自分なりに親指の向きやネックを押さえる位置を微調整して音が綺麗になる位置を探すと良いと思います。

まとめ

今回は、ギターコード最難関のバレーコードのコツについてお話ししました。バレーコードが押さえられるようになると、弾ける曲は格段に増えてギターの楽しさが倍増しますよ。

そして、僕が最後に1つ伝えたいのは、バレーコードは絶対に弾けるようになるということです!最初は全然音が鳴らないかもしれませんし、指が痛いかもしれません。ですが、原因を1つずつ潰していけば必ず弾けるようになります!決して諦めずに毎日少しずつで良いので練習していきましょう。

今回の記事が少しでも役に立つと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする