Aコードの押さえ方

今回は、Aコードの押さえ方を説明したいと思います。
まずは、コードダイアグラムです。

Aコードダイアグラム

Aコードは、
2弦2フレット:薬指
3弦2フレット:中指
4弦2フレット:人差し指
6弦ミュート:親指
と押さえます。

実際に押さえた写真は↓↓の通りです。

Aコードを押さえた写真

Aコードは、オープンコード の中では結構難しいです・・
ギターコードの押さえ方でお話しした通り、弦はフレットギリギリを押さえた方が良いのですが、Aコードの場合は、隣り合う3つのフレットを3本の指で押さえなくてはいけないため、↑↑の写真のように人差し指がかなりフレットから離れてしまいます。
ですから、人差し指、中指もできるだけフレットに寄せられるように、ギュッとフレット側に指を寄せつつ、人差し指に力を入れて弦を押さえる必要があります。
実は、僕、この押さえ方が結構苦手なので、↓↓のように押さえています。

Aコードダイアグラム(人差し指のみ)

2弦、3弦、4弦の2フレットを全て人差し指で押さえて、6弦を親指でミュートする方法です。
↓↓のような感じです。

Aコードを人差し指だけで押さえた写真

こうすれば、全ての弦のフレットギリギリを押さえることができます。この押さえ方のポイントは、1弦と5弦に人差し指が当たらないように、人差し指の位置を調節することです。特に1弦側は、人差し指が当たらないように、浮かせる必要があります。
コツとしては、人差し指の腹で押さえるのではなく、人差し指の中指側の側面で押さえると押さえやすいです。

いかがでしたでしょうか?
Aコードは、少し難しいかもしれません。が、曲中で登場する頻度は結構高く、ギターを覚えるためには、やはり必要です。
ただ、一番最初に練習するコードには向かないと思うので、もし初めてコードを覚えるのであればDコードがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする